議会報告

自由民主党神戸市会議員団 市政報告(平成22年度)

ごあいさつ

平野昌司近影

皆さん、ごきげんいかがでしょうか。
日頃から神戸市会議員 平野昌司にご支援・ご厚情いただき感謝いたします。
さて、神戸市では次なる神戸のあり方を目指して昨年7月27日基本計画の策定を神戸市総合基本計画審議会新野会長に諮問いたしました。 神戸市を代表する有識者からなる審議会ではそれを受けて活発な議論をし、来年2~3月ごろには答申の予定です。 同時に各区計画もだされる予定です
私も審議会の一員として意見を述べてまいりました。来春には皆様にご報告できると思います。 今回の私の市政報告はこうしたことを踏まえ今後の兵庫区で予定されている代表的なインフラ整備をまとめてみました。皆様のご意見やご要望があればぜひお聞かせください。(なお、区役所の建替や区民ホールの建設などはもう少し時間を要します。)

兵庫区北部東の小学校・中学校が統合されます

兵庫区北部東等学校群

小学校は平野小・湊山小・荒田小 ・湊川多聞小の4校で平野小学校跡に平成27年4月の開校を目指しています。生徒数は推計706人(H26年度)

学校は湊中・楠中の2校で楠中学校跡に平成25年4月の開校を目指しています。生徒数は推計454人(H26年度)

統合にあたってはそれぞれの学校のPTA・地元のまちづくり協議会や自治会などと通学路の安全対策や学校跡地の利用など話し合い、解決しなければならない問題がたくさんありますので統合の予定が変わることがあります。

統廃合の予定は湊山小・荒田小・湊山多聞小はH27年3月まで残ります。中学校は現在の湊中にH23、24年と統合の中学校がスタートし、その間楠中の跡地に新校舎を建設し、H25年4月から統合校が始まります。 統合の小学校の校舎は湊中のあとにH25年4月から建設の予定です。

中部処理場(兵庫区上庄通1丁目)閉鎖に伴う跡地利用について

昭和33年ごろから下水の処理として稼動してきた中部処理場は50年以上たち、建物や施設の劣化が見られることから平成23年3月末をもって閉鎖することとなりました。 なお、今後汚水は垂水処理場に流されます。 現在の中部処理場は2.4hr(2,400㎡)とひろい土地なので、跡地利用については地域の活性化につながるような施設をと、地元から長年にわたり要望がありました。

今後は出来るだけ早く解体し、跡地の利用を図らなければなりません。 更地までの予定は建物の解体に22年度設計・23年度撤去工事に着手の予定で2~3年かかる見込みです。 さらに6つの処理場(深さ4~7m)の解体についてはさらに時間がかかりそうです。

神戸市中央卸売市場西側再整備について

中央卸売市場本場の再整備も進み、いよいよ西側の整備が予定されています。 西側は全体で6hr(61,809㎡)で1期2期と2回にわけて再整備する予定です。

神戸市中央卸売市場施設配置図

1期分は3.7hr(37,608㎡)でこれから今ある建物の解体が始まります。
22年度中には更地になりますが、土壌調査に時間がかかりますので、土地処分について今のところ未定です。
ただし、民間に処分するについても現在の中央卸売市場に資する計画でなければなりません。

処分の方法が入札なのか、コンペ方式なのか未定ですが市場関係者の考えや、地域の声を十分聴く必要があります。 皆さんのご意見があればお聞かせください。

『第2次市営住宅マネジメント計画』が
H23〜32年の10年間かけて古い住宅を中心に、
耐震改修・建て替え・廃止など見直されます。

兵庫区内の市営住宅について

耐震改修を行う住宅

夢 野 1~8号棟 238戸
御 崎 4号棟 18戸
松 原 1・2号棟 206戸
本御崎 1・2号棟 327戸
夢野台 1~3号棟 210戸
浜 中 80戸
大 井 45戸

建替えにより再編する住宅

御崎西 92戸

廃止により再編する住宅

須佐野 95戸

耐震改修・建て替え・廃止を組み合わせて対応する住宅

東 山 182戸
松 本 112戸

民間所有者との区分所有となっている住宅で区分所有者と協議を行って対応を決め、事業に着手します。

新川橋および石井橋が耐震補強工事で架け替えられます。

工事予定

橋梁工事イメージ

新川橋(神戸中央卸売市場南側)
H24年4月完成予定

橋の工事
【下流-南側】H22年4月~H23年5月
【上流-北側】H23年5月~H24年3月

石井橋(湊山小学校西側)
H25年6月完成予定

橋の工事
【下流-南側】H23年8月~H24年6月
【上流-北側】23年8月~H25年6月

自由民主党神戸市会議員団 市政報告(兵庫区版)(平成22年度)

ごあいさつ(平成22年)

平野昌司近影

新しい年を迎えられ、皆様におかれましては、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素より神戸市会議員平野昌司の政治活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、昨年は政治を取り巻く環境は激変いたしました。戦後、一時期を除いて一貫して政権を担ってきました自民党が、昨年の8月30日歴史的な敗北を帰して野党に転落し、ご縁のあった多くの国会議員が落選されました。
地元の皆さんの声や神戸市の要望など働きかける術がなくなり、当面は現政権の動きを注視しながら、是は是、非は非として積極的に発言してまいります。
進むべき道は市民、国民の声をしっかり聞き、政策に反映すること。平野昌司はこの政治の原点を守り今後とも活動を続けてまいります。

また、10月25日には現矢田立郎市長が大変厳しい選挙戦をのりこえ3選を果たしました。今回の市長選挙は3選目69歳、続く役所内部からの人事、そして相乗りとどれをとっても批判の的となりマイナス要因でした。
人柄、安定した市政運営、成果を挙げている行財政改革など評価すべきところが沢山あっても当たり前として捉えられ、選挙ではあまり反映されません。
そして民主大勝の後を受け、民主の相乗り禁止の党是が厳しく働き、市会与党である自・公もやむをえぬ選択となりました。
自民党を支えてくださる皆様に大変誤解を与え、不愉快な思いをさせ深くお詫び申し上げます。
三選された矢田市長が近い将来、民間から副市長の登用などを見据えた新たな体制で市政運営に取り組みますが、我が自民党も与党として矢田市政を支え、兵庫区、神戸市の発展のため努力を続けて行きます。 皆様のご意見、ご要望をお聞かせください。

平成22年度の予算の編成にあたって

少子・高齢化の急速な進行、景気後退と雇用の悪化、新型インフルエンザの流行拡大など市民生活を取り巻く状況は急激に変化し、多くの課題を投げかけています。

その中にあって、市民との協働と参画のもと、さらなる行財政改革を進め、「景気対策と雇用の確保」を続け、「子育てと教育」を支え、「福祉と健康」を守り、「住みよい環境」を育て、「まちの活力」を創ることを5つの目標として平成22年度の予算が編成されます。

財政の現状と見通し

一昨年来の世界的な景気後退などにより、昨年に続き平成22年度も個人・法人市民税のさらなる減収は確実です。 一方、政権交代による予算編成の大幅な改革や見直し、また事業仕分けの対象となった事業で地方交付税交付金、港湾整備事業(スーパー中枢港湾)、関西国際空港株式会社補給金(3空港の見直し)、知的クラスター創成事業(医療産業への補助金)、次世代スーパーコンピューターなど神戸市にとって影響の大きい事業が不透明で、神戸市の財政収支の影響がどの程度なのか推し量れない状況です。

しかし、臨時的な財源対策のための基金が枯渇する中で、少子・高齢化の進行に伴う社会保障費や医療費は確実に増加し、また、市政の重要課題に対応するための予算は確保しなければならず、市の財政はまさに危機的な状況です。

神戸市の財政状況 -行財政改革を進め、福祉を充実し投資を確保-

1. 市税収入の推移

市税収入の推移

21年度は世界的な景気後退に伴い法人市民税が大幅に減少。5年ぶりに対前年度減収の見込みです。

2. 実質市債残高の削減

実質市債残高

市債返済を減らすため、一般会計の実質市債残高6、000億円削減に向け、計画的に残高を管理・圧縮しています。

3. 職員総定数の削減

職員総定数

職員総定数21,728人(平成7年度)を約16,500人(平成22度度)へスリム化しています。

4. 収支不足額を圧縮

収支不足額の推移

震災直後に1,000億円以上となった収支不足額は20年度には15億円まで縮小・改善しました。

5. 福祉の充実(福祉関係経費の推移)

福祉関係経費の推移

保育所の定員拡大や医療費助成(入院)の中学校卒業までの拡大、妊婦健康診査の助成回数の14回への拡大など福祉の充実をはかっています。

6. 生活密着型投資の確保

投資の主な内訳

景気対策として中小企業が受注しやすい生活密着型投資を増額確保しています。

兵庫区の北部の学校が大きく再開発されます。

兵庫区北西部4小学校(菊水小・鵯越小・夢野小・東山小)の統合は既に進んでおり、校名も夢野の丘小学校として昨年4月から旧夢野小学校で始まっています。来年の春には旧東山小学校跡地に建てられる新校舎に移る予定です。

夢野の丘小学校校舎完成予想図
夢野の丘小学校校舎完成予想図

それに伴い旧菊水小学校には東灘区にある友生養護学校が移転し、また近くの支援学校に通っている生徒さんも受け入れる学校が建設する予定です。 夢野小学校の跡と第2グランドには夢野中学校を新しく建設予定です。

鵯越小学校の跡地の利用は一部災害のとき避難所として使える公共的な施設をと検討されていますが、決まっていません。

夢野の丘小学校は建設費約23億7400万、営林署の土地3億7000万、菊水小の友生養護学校の建設は約30億、夢中で約20億、その他予想される費用の捻出に土地の売却を予定しています。

兵庫区北部東等学校群

兵庫区北東部4小学校と2中学校の統合が5年後を目指して進められることとなりました。

4小学校は平野小・湊山小・荒田小・湊川多聞小で平野小学校の跡地にまとめます。

湊中学校の跡地は統合された小学校の運動場になります。2中学校は湊中・楠中で楠中学校の跡地にまとめます。 湊川多聞小学校の跡地は統合された中学校の運動場になります。

今後、通学路の安全対策や、地域の避難所としての機能、またそれぞれの学校にあるスポーツクラブなどの課題、跡地の売却も含めた地域の街づくり、さらに学校統合のスケジュールなどこれから兵庫北東部のそれぞれの学校校区のまちづくり協議会で話し合われることと思います。

兵庫北西部で話し合われた課題などが参考になると思いますが、校区が広範囲になっており、また行政区が異なる統合ですのでご苦労が多いことと思います。

この学校の統合に当たっては行政と地域が街づくりとしての多くの課題について話し合いを進めてまいりました。その努力にはおおいに敬意を表します。